Twitter

認証バッジがなくても開催可能!! ツイロトでできるTwitterキャンペーンを紹介

Twitterキャンペーンをもっと身近に。
ツイロトで様々なTwitterキャンペーンの開催が可能です。
今回はTwilot(ツイロト)で開催可能なTwitterキャンペーンを紹介します。

Twitterキャンペーンの基本的な参加方法は下記になります。

  • フォロー&リツイート
  • フォロー&ハッシュタグ投稿
  • フォロー&カードを選んで参加(ハッシュタグ付き)

 

Twilot(ツイロト)はこちら

Twitterインスタントウィンキャンペーン

Twitterインスタントウィンキャンペーンとは、Twitter上でキャンペーンに参加すると「結果(当落)がすぐに分かる」キャンペーン形式のことを指します。

予め設定したリプライを全ての参加者に自動通知します。

アタリ、ハズレ以外にも A 賞、B 賞、ハズレのようにリプライの内容は複数設定が可能です。

Twitterユーザーからの人気だけではなく、商品やブランドの認知拡大や集客観点でも「一定の効果を確実に得ることができる」「圧倒的なプロモーション成果が見込める」として注目を集めており、多くの成功事例が生まれています。

しかし、インスタントウィン(オートリプライ)のキャンペーンを実施する際に以下の点に気をつけないといけません。

  1. Twitterリミット
    アカウント毎に1日にリプライ送信できる上限(Twitterリミット)が決まっており、参加者が定員を超えるとリプライ送信が即時で送信できなくなります。
    一般アカウント(認証バッジ無)のアカウントの場合、1日に2400件以上のリプライを送ることはできません。
  2. アカウントの制限・スパム扱い
    ツイート(リプライ)内にURLリンクを貼るとURLがスパム扱いされてアカウントに制限がかかる可能性があります。事前にスパムではない旨を申請する事はできますが、それでも一般アカウントの場合はスパム扱いされる可能性はゼロではありません。

大規模なインスタントウィン(オートリプライ)のキャンペーンを実施するには認証バッジ付きアカウントか認定代理店を通じて60万以上の広告出稿をする必要があります。

認証済みアカウントについて

認証バッジアカウントだと1日のツイート(リプライ)の上限が緩和されます。
またアカウントのサポートも一般アカウントより充実していて、キャンペーン開始前の上限申請やスパム対策なども行えるので安心してキャンペーンを実施できます。

当選者をじっくり選んでキャンペーンをしたい!

参加者のデータを管理画面にまとめ、キャンペーン終了後にターゲティングに合わせて当選者をセレクトします。

抽選は手動で行うので多少手間はかかりますが、当選者が少ないキャンペーン当選者をじっくり選びたい企業には人気のあるキャンペーンです。

オート機能が無いので、システムを導入しなくても表向きはキャンペーンの実施はできますが、参加者を全て確認できない。手動で一人づつアカウントを確認する必要がある。などシステムを導入した方が断然楽に効果的な当選者をセレクトすることができます。

ツイロトでは参加者のフォロワー数、フォロー数、参加日時などを全て取得できるので、懸賞アカウントなどを排除することも可能です。

 

ツイロトでは参加者のフォロワー数、フォロー数、参加日時などを全て取得できるので、懸賞アカウントなどを排除することも可能です。

WINリプライキャンペーン(β版)

当選者のみにリプライを通知するキャンペーンです。
上記で解説したようにオートリプライキャンペーンは一般アカウント(認証バッジ無)の場合、ツイート上限があるので、当選者全員に即時でリプライを送付できない可能性が高いので当選者のみにリプライを送るWINリプライキャンペーンをオススメします。

WINリプライキャンペーンを開催すると参加者の中から当選者のみにリプライを自動通知し、リプライ上限内でキャンペーンを開催でき、リアルタイムで盛り上がりの場を作れます。

こんなアカウントにオススメ

  • 認証バッジがついていないけど、オートリプライのキャンペーンを実施したい
  • 大量当選(サンプリング等)のキャンペーンを実施したい

デメリット

当選者のデータが、キャンペーンアカウントの「ツイートと返信」に全て表示されてしまうので、当選者がすぐに分かってしまいます。

WIN DMキャンペーン(β版)

当選者のみにDM(ダイレクトメッセージ)を自動送信するキャンペーンです。

予め確率と上限を設定し、参加者の中から当選者のみにDMを自動送信します。
クーポンや当選者用フォームをその場で送ることが可能です。

リプライキャンペーンと違いキャンペーンアカウントの「ツイートと返信」、「PCブラウザで右上に表示されるツイート画像」に結果画像が表示されないので、結果表示を好まないアカウントにはオススメのキャンペーンになります。

まとめ

Twilot(ツイロト)でできるTwitterキャンペーンを紹介しました。

ツイロトでは今後も多くの企業やブランドが手軽に、効果的なTwitterプロモーションを実施できるよう、機能追加も行っていきます。

Twitterキャンペーンをご検討中の企業・代理店のご担当者様はお気軽にご相談ください。