Instagram

【2021年最新版】Instagramキャンペーンおすすめ事例 vol 1

国内での利用者が3,300万人を超えるInstagramを活用し、ユーザー層の10代から20代を中心としたマーケティングツールとして、Instagramキャンペーンを実施する企業が増えています。

Instagram利用者の約90%が企業のアカウントをフォローしており、気になるものを発見すると42%がそのブランドを知るためにプロフィールアクセスすると伝えられているため、フォロワーを増やしたい企業から注目されています。

今回の記事では、そんなInstagramキャンペーンの2021年最新事例や活用ポイントをご紹介します。

 

アイリスオーヤマ「電気圧力鍋レシピ投稿キャンペーン」



キャンペーン内容

アイリスオーヤマの電気圧力鍋を使ったオリジナルレシピを投稿すると、抽選で1名に低温調理器 LTC-01が当たるキャンペーン。

 

参加条件

ステップ1.アイリスオーヤマ公式Instagramをフォロー
ステップ2.#アイリスクッキングをつけて、電気圧力鍋のレシピを投稿

 

活用ポイント

電気圧力鍋の利用者向けのプレゼントキャンペーンですね。

目的は電気圧力鍋のレシピを投稿いただくことで、新しいユーザーに商品のことを知ってもらうと同時に、魅力を伝えてもらうことでしょう。

更に、公式Instagramのフォロワーを増やすことで、すでに利用者の方をファンにする仕掛けにもなっています。

どちらが主となる目的かは分かりませんが、当選確率を上げられると、より効果的なキャンペーンとなりそうです。

ハイアール「なんと!ハイアール製品がもらえる!フォロー&いいね!・RTで当てよう!キャンペーン」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haier Japan(公式)(@haier_japan)がシェアした投稿

キャンペーン内容

公式のTwitter・Instagram連動のキャンペーン。いいね!RTをするだけで、抽選で262L冷凍冷蔵庫や8.5kg全自動洗濯機など、新生活にも最適なハイアール家電が貰える。

 

参加条件

ステップ1.ハイアールジャパン公式アカウントをフォロー

ステップ2.キャンペーン投稿にいいね!

 

活用ポイント

ハイアール家電が欲しい人全員が対象となるキャンペーンです。目的はInstagramのフォロワーを増やすことで、今後の顧客獲得を目指すことでしょうか。

当選しなかった場合でも、ハイアールの家電がおしゃれで安いということが伝えられれば、キャンペーンを通じて販売促進にもつながっていくのかもしれません。

ピエトロ「インスタグラムフォトコンテスト#おうちでピエトロチャレンジ」

 

キャンペーン内容

ユーザー参加型のInstagramキャンペーン。選べる2種類のコースがあり、ピエトロのロゴにもなっているピエトロおじさんの顔マネをして投稿するピエトロおじさんものまねコースと、ピエトロっぽい料理を作って投稿するピエトロっぽいお料理コース。

 

参加条件

ステップ1.ピエトロ公式アカウントをフォロー

ステップ2.コースを選び、テーマに合った写真を撮影

ステップ3.コース指定のハッシュタグをつけてInstagramに投稿

■ピエトロおじさんものまねコース

#おうちでピエトロチャレンジ

#ピエトロおじさんものまねしてみた

■ピエトロっぽいお料理コース

#おうちでピエトロチャレンジ

#ピエトロっぽいお料理作ってみた

 

活用ポイント

誰でも気軽に参加することができるInstagramキャンペーンですね。賞品も豪華で、ヨギボーマックスやシャープの水なし自動調理鍋等、ピエトロの商品に限らずに幅広い層をターゲットにしていることがわかります。

また、複数のコースを用意することで、お父さんのチャレンジとお母さんのチャレンジ等、家族全員で挑戦させるという点も、企業にとってのブランディングとして非常に有効ですね。

フォトコンテストの多くが投稿を目的として画像を撮影するため、ピエトロのことを強く認知させられるという狙いもありそうです。

 

スカイバレイスキー場「2020-2021スカイバレイインスタグラムキャンペーン第1弾」

キャンペーン内容

スカイバレイの利用者をターゲットとしたキャンペーン。参加するには、スカイバレイでスキー又はスノーボードでトリックを決めて撮影し、「#グラトリ」のハッシュタグをつけて投稿する必要があります。

上級者のトリックである必要はなく、アングルだったり楽しんで挑戦してもらうキャンペーンとなっています。

第1弾と書いてあるので、おそらく第2弾もあるのでしょう。

 

参加条件

ステップ1.公式アカウントをフォロー

ステップ2.スカイバレイスキー場でトリックを占めた写真を撮る

ステップ3.「#グラトリ」をつける

ステップ4.位置情報をスカイバレイスキー場に設置し、インスタグラムに投稿

 

活用ポイント

賞品は「世界でひとつの#ラブスカイバレイアクリルパネル」で、めちゃくちゃ魅力的なものという訳でもなく、話題作りがメインとなるキャンペーンですね。

来ていただいたユーザーに、スカイバレイスキー場で楽しんでキャンペーンに参加してもらうことで、毎年来てくれるようなファン(固定化)を狙ったものだと思われます。 

 

炭火焼肉たむら「フォロー&応募で合計300名に『炭火焼肉たむらお肉の入ったカレー』が当たる!【炭火焼肉たむら・Twitter/Instagramキャンペーン】」

 

キャンペーン内容

賞品である「炭火焼肉たむらお肉の入ったカレー」が500万食販売できたことを記念した還元型のキャンペーン。

公式のTwitterやInstagramをフォローし、キャンペーン対象の投稿をリツイート又はいいねをするだけで参加できるプレゼントキャンペーンです。

 

参加条件

ステップ1.公式オンラインストアをフォローする

ステップ2.キャンペーン対象投稿にいいねをする

 

活用ポイント

500万食販売を記念したキャンペーンで、より多くの人に認知してもらうためのキャンペーンとなっています。

当選数も300食と多く、参加条件も気軽なため、多くの方が参加するのではないでしょうか。

ただ、ユーザー参加型のキャンペーンでは無いため、認知の後に実際に購入や来店に結び付けられるかどうかは、キャンペーン終了後の各SNSでの投稿によりますね。

 

今回の記事では、2021年最新のInstagramキャンペーンのおすすめ事例をご紹介しました。

Instagramキャンペーンと言っても、目的や対象となるユーザーによって、キャンペーン内容は多種多様に変化します。

ご紹介したキャンペーン事例を参考に、Instagramキャンペーンを有効活用してみてください。