Twitter

Twitterキャンペーンを初めて行う時のポイントと参考にしたいオススメ事例3選

SNSは企業をにとって自社サービスの認知拡大や販売促進において欠かせないツールとなってきました。
特にTwitterは「拡散力」や「即時性」という点で非常に有効で、多くの企業がキャンペーンに取り組んでいます。

今回は、これからTwitterを活用したキャンペーンの取り組みを検討されている方に、実施する際に気をつけたいポイントと参考にしたいキャンペーン事例をご紹介いたします。

Twitterキャンペーンとは

Twitterキャンペーンは自社のブランディングとしての活用や商品・サービスの認知、販売促進を主な目的に実施されます。

Twitterキャンペーンには2種類のタイプがあり、通常のキャンペーンはフォローやリツイートしてくれた方を対象として、後日参加者を集計し当選者を発表する方式。
もう1つはインスタントウィンという「キャンペーン参加後すぐに当選結果がでる」キャンペーン方式があります。
この2種類の方式で、目的に応じて様々なキャンペーンとして活用されています。

Twitterキャンペーンを実施する上で注意したいポイント

Twitter社キャンペーン実施についてのガイドライン(https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/twitter-contest-rules)を確認する
ガイドラインではキャンペーンが原因で利用者がTwitterルールやガイドラインに違反することのないように定められています。

  • 複数アカウントを作成させない
  • 繰り返し同じツイートをさせない
  • 全ての応募を確認できるよう主催者の@ユーザー名を含めてツイートしてもらう
  • キャンペーンに関連する話題をツイートに盛り込むように推奨する

これらTwitterルールに準拠すること。また、主催者としてキャンペーン開始前にはTwitterルール(https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/twitter-rules)と検索のベストプラクティス(https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/twitter-search-policies)の両方を必ず確認する様ガイドラインに記載されています。

Twitterでは非公開アカウントのツイートは確認できないため、応募条件に「公開アカウントであること」を明記することも忘れないようにしましょう。

また、大規模なキャンペーンを実施する場合、Twitte上で確認できるリツイート一覧には最大で100人程度しか表示されないため、厳選な抽選を行うためには応募者データを収集できるツールの導入が必要です。
ダイレクトメッセージの送信数も1日1,000人というリミットがあるため、当選結果をダイレクトメッセージで送信するキャンペーンを検討している場合は注意が必要です。

Twitterキャンペーンを実施する上でのポイント

キャンペーン設計時のポイント

Twitterキャンペーンを設計する上で考えておきたいポイントは大きく3点あります。

  1. ターゲットと相性の良い内容になっているか
  2. キャンペーン後のコミュニケーションが設計されているか
  3. キャンペーンの目的は明確か

まず必要なものはターゲットに対して刺さるキャンペーン内容になっているか?という点。
例えば20代から30代の独身男性を対象としたサービスを展開している企業があったとします。応援キャンペーンと称して行ったキャンペーンの賞品が家電であった場合、もしかすると応募が多いのはファミリー層かもしれません。
独身男性をターゲットとする場合は、少し豪華なレトルト食品の詰め合わせや個人で使えるものにする等の工夫が必要です。

次にキャンペーンで獲得したフォロワーにフォローを解除されないような計画をしておくこと。
ターゲット層が喜ぶような情報発信や、定期的なキャンペーン実施等が計画されていると良いでしょう。

最後にキャンペーンを実施した評価指標が明確になっているかという点が最も重要なポイントです。
賞品を10万円分用意した時に何人のフォロワーが獲得できて入れば、その後の販売促進につながって行く可能性があるのか?予め設計した上でキャンペーンの結果を評価するようにしましょう。
目的・目標をしっかりと定めて振り返ることで、今後より良いキャンペーンを設計していけるようになります。

応用:キャンペーンツールの活用

注意したいポイントで記述した通り、自社でキャンペーンを行うことで実施できるキャンペーン規模は限られます。
ツールを活用することで、より多くのユーザーに効果の高いキャンペーンの実施が可能となります。
また、Twitter上に一定数存在する懸賞を目的としたアカウントに対する対策システムやbot対策も可能となるため、本来目的としているターゲットに当選させられる等のメリットもあります。
その他、自動リプライや予約投稿・DMの自動送信等の機能があるため、キャンペーンを実施する上でかかる手間を大幅に削減することができます。

自社での運用が安定するまでツールを活用し、キャンペーンの知見を貯めていくことがTwitterで成果を上げるための近道と言えるでしょう。

参考にしたいオススメ事例

Twitterキャンペーンを初めて行う時に参考になるオススメの事例をご紹介します。

OPERA

初夏の限定色twitterキャンペーン


初夏に向けて発売されるリップの限定色発売を記念し、抽選で10名に限定2色が入った特別なギフトボックスが当たるキャンペーン。

参加条件
①公式アカウントフォロー
②指定ツイートのリツイート

オススメのポイント
フォロー&リツイートで手軽に参加できるキャンペーン。ターゲットがリップにこだわりのある社会人の女性と非常に明確であり、手軽に参加できるため多くの参加者が予測されます。
参加者が増えるほど「属性限定色が販売されたことが拡散される」ため、目的にマッチしたキャンペーンとなっています。

シマヤ

だしマヨで作ってみた!!料理写真投稿キャンペーン

シマヤ だしマヨで作ってみた!!料理写真投稿キャンペーン

シマヤの商品である「だしマヨ」を使って、指定の3つの料理の中から好きなものを作り、Twitterに投稿することで抽選で300名に現金2,000円が当たるキャンペーン。

参加条件
①公式アカウントをフォロー
②料理の写真と指定のハッシュタグをつけて投稿

オススメのポイント
広いターゲットに有効な賞品を用意することで、多くのユーザーにだしマヨを一度手に取ってもらうキャンペーン設計となっています。
料理を作って投稿するという若干ハードルの高い参加方法となってはいるものの、当選人数も多いため当選期待値も高いキャンペーンであるといえます。

TULLYs COFFEE

#たっぷり抽出コールドブリューキャンペーン

TULLYs COFFEE #たっぷり抽出コールドブリューキャンペーン

Twitterで簡単な質問に答えるだけで抽選で20名にコールドブリューオリジナルプレンドとアイスコーヒーブレンド(豆)が当たるキャンペーン。

参加条件
①公式アカウントフォロー
②対象ツイートからカンバセーショナルカードを選択してツイート
対象ツイートに記載している選択肢から1つを選択し、用意されたテキストをそのままツイート

オススメのポイント
アンケートのような選択肢となっているため反射的に参加しやすいキャンペーンとなっています。アンケートの内容からすでに利用している方がターゲットとなっていることがわかります。
暑くなる季節に向けて冷たいドリンクのアンケートを取得することで、再来場を促すようなキャンペーン設計となっています。

まとめ

Twitterキャンペーンを初めて行う時には主催者として利用者の不利益にならないよう、ルール・ガイドラインを遵守して取り組みましょう。
ルール・ガイドラインに則った形でキャンペーンを実施する事で、より多くの方に安心・安全にご参加いただく事ができます。

キャンペーンの内容については、今後Twitterをフォローしてくれたユーザーに何を求めるかで取り組んでいく内容は大きく変わります。

自社アカウントをどのような目的で活用するのか、今回ご紹介した3社の事例を参考にしてみてください。