Instagram

2021年トレンドのInstagramキャンペーン3選〈旅行会社編〉

年々増加する企業アカウントによるInstagramキャンペーン。
その中身は年々進化しており、様々な趣向を凝らしたキャンペーンが実施されています。

SNS PLUS+では、著しく成長するInstagramキャンペーンの市場で、2021年のトレンドや参考になるキャンペーンを独自に調査し、事例を基にポイントを解説していきます。

今回は、旅行会社のキャンペーン事例をご紹介します。

旅行会社のInstagramキャンペーンおすすめ事例

コロナ禍で気軽に旅行に行くことができなくなった現在、旅行会社が提供するInstagramキャンペーンの多くは「写真で旅気分を味わう」をテーマに実施されています。

今回は移動が制限され、厳しい状況の中でも観光地の魅力を伝えられるよう工夫を凝らし、旅行の促進につなげようと実施している旅行会社のキャンペーン事例を3つご紹介します。

JTB「JTB日本の旬 Instagramキャンペーン」


JTB日本の旬 Instagramキャンペーン

JTBでは、全国各地のおすすめスポットを写真で投稿するInstagramキャンペーンを行っています。
現在対象となっているのは東北で、応募した人の中から抽選で30名に東北の名産品が当たります。

参加方法
①JTB日本の旬 公式アカウントをフォロー
②東北で撮影した写真を用意
③ハッシュタグ「#日本の旬東北」と撮影場所をつけて投稿

賞品内容
牛タン詰め合わせ または 三陸海の幸

ポイント
投稿する写真は旅を通じて伝えたい東北の魅力を感じられる写真であればOKで、東北の風景、お土産などが対象となっています。
コロナ禍で移動ができない現在でも、多くの人に参加してもらえるよう過去の写真でも参加が可能です。

本キャンペーンのポイントは、時期をずらして様々な観光地を対象としたキャンペーンを実施している点。
観光地のおすすめスポットを投稿するというテーマは変えず、対象地域だけ変えることで一貫性が生まれ、対象地域によっては次回自分も参加できるかもしれないという期待が膨らみます。

このように定期的に開催される一貫性のあるキャンペーンを行うことで、フォローしたユーザーを飽きさせることなく流出を防ぐことができます。

JATA日本旅行業協会「”笑う旅に福来る”国内宿泊キャンペーン」


”笑う旅に福来る”国内宿泊キャンペーン

旅行促進と観光事業の発展を目指して設立された旅行業界団体のJATA日本旅行業協会では、「旅の笑顔を届けよう!」をテーマにInstaguramキャンペーンを実施しています。
キャンペーンでは旅に「行かない」ではなく感染対策をした上で旅を楽しむ、新しい様式の普及定着を目指しています。

参加方法
①JATA会員旅行会社で1人当たり3万円以上の交通手段を伴う国内宿泊セットを購入
②旅行中に写真を撮影

賞品内容
日本全国47都道府県の銘品からひとつ選べる「ギフトカタログ」

ポイント
1人当たり3万円以上の交通手段を伴う旅行となると移動距離も長くなりますが、本キャンペーンでは旅行を規制するのではなく、感染対策を行った上で安全に旅行に行くことを推進しています。
コロナとうまく付き合った新しい旅の様式を定着させることで、国内旅行業界の回復を目指すキャンペーンとなっています。

キャンペーンサイトには「2回の”福”が当たる」と次回キャンペーンの告知もされており、キャンペーンの内容は現在未公開となっていますが、1回目のキャンペーンが終わった後もフォロワーを定着させるための工夫が凝らされています。

じゃらん「春絶景2021フォトコンテスト」

春絶景2021フォトコンテスト

リクルートが運営する大手宿泊予約サイトじゃらんでは、春の絶景写真をInstagramで募集。写真のテーマは「いつか見た春の絶景」なので、旅に出かけなくても身近な春を投稿することで参加ができます。

応募作品の「いいね!」数やテーマに合っているかどうか、撮影場所やいつの写真なのかという情報を参考に入賞者を決定。入賞者の写真はじゃらんに掲載されます。

参加方法
①じゃらん公式アカウントをフォロー
②「春絶景」にテーマに合う写真を用意
③ハッシュタグ「#jalan_spring2021」か「#jalan_haru2021」のどちらかをつけて投稿

賞品内容
じゃらん8月号への掲載

ポイント
本キャンペーンのポイントは審査方法に「いいね!」数が含まれるという点。
類似のキャンペーンでは応募者から抽選で当選者が選ばれたり、運営側が審査を行うケースが多いですが、このキャンペーンでは写真の投稿をしない人も投票感覚で参加することができます。

また投稿する写真はレタッチも可。手の込んだとびきりの一枚を投稿すれば他ユーザーから評価を受け、それが入賞につながるため、たくさんの「春の絶景」が集まっています。

まとめ

コロナ禍で厳しい状況に置かれている旅行業界では、これまでのように大々的に旅行に行くことを推進したキャンペーンが打ち出せなくなりました。しかしそんな今でも、工夫を凝らした様々なキャンペーンが実施されています。

中でも旅の楽しさ・ワクワク感をダイレクトに伝えることができる写真を使ったキャンペーンが多く、Instagramを使ったキャンペーンは効果的であるといえるでしょう。

Instagramキャンペーンは苦しい状況でこそ活躍し、顧客を集めるきっかけとなります。
コロナの影響で、業界によってはこれまでと同じような内容のキャンペーンを行うことが難しくなっていますが、ぜひこれらの事例を参考に、あたらしい企画を生み出してください。