Instagram

2021年トレンドのInstagramキャンペーン3選〈観光業界編〉

年々増加する企業アカウントによるInstagramキャンペーン。
その中身も年々進化しており、様々な趣向を凝らしたキャンペーンが実施されるようになってきました。

SNS PLUS+では、著しく成長するInstagramキャンペーンの市場で、2021年のトレンドや参考になるキャンペーンを独自に調査し、事例を基にポイントを解説していきます。

今回は、観光業界のキャンペーン事例をご紹介します。

観光業界のInstagramキャンペーンおすすめ事例

現在観光業界では、根幹となる人の移動や渡航がコロナの影響で激減。大きなダメージを受けています。
そんな苦しい状況下でも観光地や施設の魅力を伝え、知名度の向上につなげようと様々なキャンペーンが行われています。
今回、2021年に実施されたInstagramキャンペーンの中から、3社の事例をご紹介します。
大々的に人を集める企画ができない中、どのようにしてファンを獲得しているのか?参考にしてみてはいかがでしょうか。

北海道観光振興機構

GoodDay北海道「みんなで作る#ひみつの絶景北海道 フォトスポットキャンペーン」

みんなで作る#ひみつの絶景北海道 フォトスポットキャンペーン

北海道観光の企画推進を行う北海道観光振興機構では、思わず写真を撮りたくなるような秘密の絶景を募集。
公式サイトにはユーザーから投稿された写真だけでなく、北海道に住むプロの写真家がこっそりおすすめするフォトスポットも掲載しています。有名な観光地ばかりでなく、マイナーなスポットも多く取り上げられているため、北海道に何度も訪れたことがある人でも新しい発見ができる内容になっています。

参加方法

①北海道観光振興機構公式Instagramアカウントをフォロー
②北海道で撮影したお気に入りの秘密の北海道写真を用意
③写真を撮影した場所・時期・ひとことコメントとハッシュタグ「#ひみつの絶景北海道」をつけて投稿

賞品内容
・北海道物産品詰め合わせ:3名
・いろは出版発行「365日北海道絶景の旅」:5名

ポイント
本キャンペーンのポイントは、ユーザーが「本当は秘密にしたい絶景の写真」を投稿することで新しい観光スポットを作るという点にあります。北海道といえば国内でも大人気の観光地。人気だからこそ、「北海道といえば○○」と、人気スポットは固定化されつつありますが、企画に投稿された写真では多くの人にまだ知られていないひみつの絶景が紹介されています。
何度も北海道を訪れたことがある人や北海道に住む人にも新しい北海道の魅力を伝えることができるキャンペーンとなっています。

ハウステンボス

「#お花ガール #ハウステンボスInstagramキャンペーン」


「#お花ガール #ハウステンボスInstagramキャンペーン」

長崎県佐世保市にある日本最大級のテーマパークハウステンボスでは、場内でお花と一緒に撮った写真を投稿するインスタキャンペーンを実施しています。
四季折々の花々が咲き乱れる施設の魅力を、多くの人が発信しています。

テーマが「お花」ということで、投稿には若い女性や小さなお子さんや美しいお花の写真が多くを占めています。#お花ガールのページは、ハウステンボスを訪れた人の笑顔と鮮やかで明るい写真で埋め尽くされています。

参加方法
①ハウステンボス公式Instagramをフォロー
②ハウステンボス場内でお花グッズを身に着けたり、お花と一緒に写真を撮る
③ハッシュタグ#お花ガール #ハウステンボスの2つをつけて投稿

賞品内容
・ホテルヨーロッパペア宿泊券+1DAYパスポート付き:1組2名
・ホテルアムステルダムペア宿泊券+1DAYパスポート:1組2名
・年間パスポート:5名

ポイント
本キャンペーンのポイントは、現在のハウステンボスの様子を多くの人に発信できるという点にあります。期間は3/20~5/7と5/8~7/9の2回に分かれており、季節によって様々な花が楽しめるハウステンボスで、今どんな花が旬なのかの紹介も兼ねています。

投稿者が写真に写ることが条件なのもポイントのひとつ。
Instagramに写真を投稿するユーザーにとって、写真がおしゃれか、印象的かは大切なポイントです。非日常なヨーロッパの街並みを再現したハウステンボスで、美しいお花と一緒に写真を撮る本企画は、「おしゃれな写真をたくさんの人に見てもらいたい」と投稿者の意欲をかき立て、投稿を見た人にも「自分もおしゃれな写真を撮りたい」と思わせることで来場を促す仕組みになっています。

草津温泉観光協会

「草津よいこと 撮ってチョイナ!フォトコン春・夏」

「草津よいこと 撮ってチョイナ!フォトコン春・夏」

群馬県にある日本を代表する温泉街草津温泉の魅力を発信し、観光業の発展を推進する草津温泉観光協会では、年間を通して草津温泉の魅力的な写真を募集。
「草津といえば温泉」というイメージが強い観光地ですが、ユーザーから投稿された写真には温泉以外の観光スポットや食べ物も多く、新たな草津の魅力を発見してもらえる企画となっています。

応募方法
①草津温泉公式アカウントをフォロー
②草津で写真を撮影
③投稿写真に草津温泉公式アカウントをタグ付けし、ハッシュタグ「#932photo」と「#932opc」を付け投稿

賞品内容
・グランプリ 宿泊利用券 5万円分
・ゆもみちゃん賞 ゆもみちゃんグッズ・ゆもみちゃんと湯もみ体験できる券
・自然景観賞 飲食店利用券2,000円分&アクティビティ等の利用券
・食べたくなる賞 草津飲食店組合加盟施設飲食店利用券1万円分
・新発見!賞 飲食店利用券2,000円分・町内施設利用券セット・各2枚

ポイント
本キャンペーンのポイントは投稿された写真によって受賞内容が異なり、様々な視点で撮影された草津の魅力が集まるという点にあります。

・「グランプリ」…最優秀作品
・「ゆもみちゃん賞」…とにかくかわいらしさを表現しているもの
・「自然景観賞」…草津温泉の雄大な自然を表現したもの
・「食べたくなる賞」…おいしそうな作品
・「新発見!賞」…独特な目線の作品や目からウロコな作品

過去に投稿された作品では、観光スポットとして有名な温泉や認知度の高い名物だけでなく、マイナースポットや地域密着型のお店が提供する食事の写真が賞を受賞しています。
新たな草津の楽しみ方を見つけるきっかけにもなっているようです。
また、本キャンペーンは2019年から毎年、春夏・秋冬の2回に分けて開催されており、継続的にキャンペーンを開催することでフォロワーを離さない仕組みとなっています。

まとめ

巣ごもり・お家時間が増えた現在、ユーザーのSNS利用時間は増加傾向にあります。移動の制限で苦境に立たされている観光業界では、この状況を逆手に取り「いつか訪れたい」と思うような魅力的な写真をSNSを活用して発信するキャンペーンを企画し、多くのファンを獲得しています。

SNSの中でも写真の投稿に特化したInstagramでは、観光地や施設の魅力を視覚にダイレクトに伝えることが可能で、言葉では伝えることが難しい情報の発信にInstagramは最適と言えるでしょう。

今回は、観光業界が行ったInstagramキャンペーンをピックアップしご紹介しました。

SNSキャンペーンの魅力はコロナ禍で外出が制限されている中でもファンを獲得できるという点にあります。これらの事例を参考に今だからこそできるキャンペーンを企画してみてはいかがでしょうか。