Twitter

Twitterキャンペーン後にフォロワーは減る?理由と対策を解説

「Twitterキャンペーンで一時的にフォロワーが増えたが、すぐに減ってしまった」
「これからTwitterキャンペーンを実施しようと思っているが、増えるであろうフォロワーを維持するにはどうしたら良いのか」
などと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、Twitterキャンペーンのおもな種類を紹介するとともに、ユーザーがフォローをやめる理由や、フォロワー離れへの対策を解説します。

Twitterキャンペーンのおもな種類

Twitterキャンペーンのおもな種類は、次のとおりです。

•ハッシュタグ投稿キャンペーン
•フォロー&リツイートキャンペーン
•インスタントウィンキャンペーン

ただし、実際のキャンペーンでは、複数の要素が混ざっていること(「ハッシュタグ+フォロー&リツイート」など)も多くある点を覚えておきましょう。

ハッシュタグ投稿キャンペーン

ハッシュタグ投稿キャンペーンとは、「指定のハッシュタグを付けて商品やお題に沿った投稿をすること」を条件にして行う、ユーザー参加型キャンペーンのことです。
ハッシュタグ投稿キャンペーンを実施する際には、そのキャンペーンを連想させる、オリジナルのハッシュタグを用いるケースが多いでしょう。
参加者のポジティブなクチコミが投稿・拡散されることで、効果的なPRが行えるのが特徴です。

フォロー&リツイートキャンペーン

フォロー&リツイートキャンペーンは、ユーザーが「自社の公式アカウントをフォローすること」かつ「指定の投稿をリツイートすること」を参加条件にしたキャンペーンです。
参加者は、自ら投稿文などを考えなくて良いため、ハッシュタグ投稿キャンペーンよりも手軽に参加しやすいでしょう。
また、リツイートが条件の一つになっているため、フォロー&リツイートキャンペーンは拡散力が高いといえます。

インスタントウィンキャンペーン

インスタントウィンキャンペーンとは、応募したその場ですぐに抽選し、当選結果がわかるくじ引き型キャンペーンのことを指します。
一般的に、インスタントウィンキャンペーンに応募する際は、公式アカウントのフォロー(またはフォロー&リツイート)が必要です。
ゲーム的な要素を盛り込むと、楽しみながら参加してもらえて話題になりやすいでしょう。

ユーザーがフォローをやめる理由

Twitterキャンペーンでは、自社の公式アカウントをフォローすることを参加条件にするケースが多くあります。
しかし、キャンペーンに参加してくれたユーザーは、キャンペーン終了後必ずしもフォローし続けてくれるとは限りません。
では、ユーザーがフォローをやめてしまうのはなぜか、以下で見てみましょう。

キャンペーン自体にしか興味がないから

Twitterには、ジャンルを問わず「キャンペーンに応募すること」だけを目的としたユーザーが数多く存在します。
そのようなユーザーはキャンペーン終了後に高確率で離脱し、それを防ぐことは難しいといえます。
したがって、フォロワーが一定数減ることはやむを得ないでしょう。

ツイート内容に興味がわかないから

キャンペーンがきっかけで興味を持ちフォロワーになったのに、離脱してしまうケースもあります。
これは、キャンペーン終了後のコミュニケーションに問題があると考えられるでしょう。
特に、その企業やブランド自体に興味はあったが、投稿内容に興味を抱けず、フォローを外すという意見が多いようです。

タイムラインにたくさん投稿が流れてくるから

公式アカウントのツイート数が多すぎるのも注意が必要です。
特に、リツイート数(自分の投稿や他のアカウントの投稿)が必要以上に多いと、本来見たいツイートが埋もれてしまうなど、マイナスの印象を与えかねません。
Twitterでは、そのアカウントの「リツイートは表示しない」「ミュートにする」といった設定をする選択肢もありますが、わざわざ設定するよりフォローを外したほうが良いと判断されてしまう可能性があります。
Twitterに「リツイートは表示しない」という設定があるということは、それだけ「リツイートを避けたいというニーズがある」ことを理解しておきましょう。

フォロワー離れをできるだけ抑える方法

前章の内容を踏まえつつ、フォロワー離れをなるべく阻止するにはどうすれば良いかを解説します。

効果的なターゲティングをする

Twitterキャンペーンで重要な要素の一つが「商品(景品)」です。
豪華な商品は話題性があり参加者の増加が期待できますが、その分ターゲットではないユーザーの応募も増える可能性があります。
すなわち、キャンペーン後のフォロワーの離脱も起こりやすいといえるでしょう。

一概に単価が高い景品をよしとするのではなく、ターゲットとする層が喜ぶ景品かが重要です。
また、Twitterキャンペーンを行う際に、Twitter広告を活用するのも有効でしょう。
ターゲットを絞り、その層を狙って広告を出稿するのがおすすめです。

キャンペーンを定期的に行う

定期的にキャンペーンを行うアカウントなら、ユーザーは「キャンペーンの情報を見逃さないようにしよう」としてくれます。
結果として、フォロワーを維持・増加し続けられるでしょう。
ただし、キャンペーンを行うことばかりに注力してしまい、本来の目的を見失わないよう注意が必要です。

積極的なコミュニケーションを図る

最も理想的なのが、フォロワーと積極的なコミュニケーションを取り、フォロワーを「ファン化」することです。

キャンペーンでのフォロワー獲得は、アカウント運用のスタートとなります。
フォロワーの興味をひく投稿とともに、どのようなアプローチをしていくか考えておくことが大切です。

まとめ

Twitterキャンペーン実施後のフォロワー離れをできるだけ抑えるには、次のポイントを意識しましょう。

• 効果的なターゲティングをする
• キャンペーンを定期的に行う
• 積極的なコミュニケーションを図る

SNSマーケティング総合支援サービスの「SNS PLUS +」では、Twitterの総合キャンペーンツール「Twilot(ツイロト)」をご提供しています。
今回ご紹介したハッシュタグ投稿キャンペーンや、フォロー&リツイートキャンペーンなど、さまざまなTwitterキャンペーンに対応しており、企画・制作・運営・事務局対応(問い合わせ・商品配送)まで一貫した対応が可能です。
効果的なTwitterキャンペーンを実施したいとお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人
ツッチー
年齢 : 30才 趣味 : 競馬・旅行・映画鑑賞 株式会社018でSNSマーケティングを担当。 これまで300件以上のSNSキャンペーンの企画や制作を担当し、近年ではキャンペーンツールの開発にも力を入れている。